炭水化物ダイエットは誰でも簡単にチャレンジすることができる

ダイエットには、さまざまな方法があります。そのなかでも、ダイエットの定番として定着しているのが炭水化物ダイエットです。

 

炭水化物ダイエットは、普段の食事から炭水化物を食べないようにするだけなので、誰でも簡単にチャレンジすることができます。ですが、正しい方法でおこなわなければ、効果的に体重を減らすことができないばかりか、健康に害を及ぼす可能性もあります。簡単にできるからこそ、正しいやりかたをマスターしましょう。

 

まず、炭水化物とは、ご飯やパスタ、パンなどの主食に多く含まれています。炭水化物を摂取すると、わたしたちの体の中では血糖値が急激に上昇します。この状態は、摂取したカロリーを脂肪として蓄えやすい状態といえます。つまり、血糖値をあげないよう炭水化物をひかえることで、太りにくい食事をすることができるのです。

 

ですが、ただ単に炭水化物をカットするだけでは危険です。なぜなら、炭水化物はわたしたちの体に必要不可欠な栄養素だからです。炭水化物は脳のエネルギー源という大きなはたらきがあります。しかも、脳のエネルギー源になる栄養素は炭水化物だけだというの重要です。

 

ダイエットのため、炭水化物を一切食べないということは、脳にエネルギーがいかなくなるということです。炭水化物ダイエットは、炭水化物をすべてカットするダイエット方法ではありません。では、具体的にはどのぐらい炭水化物をカットしたらいいのでしょう?まずは、1食の炭水化物をカットしてみましょう。

 

夕食の炭水化物を減らすのがおすすめです。夕食は、食べたあとに体を動かす時間が多くありません。なので、食べたものが脂肪として体に蓄積しやすいのが特徴です。その夕食の炭水化物を減らすことで、太りにくい体質へとしていくことができます。朝食や昼食では炭水化物をすべてカットするのではなく、量を少し減らしてみましょう。

 

炭水化物の量を減らすかわりに、野菜や果物をおぎなえば、満腹感を得られやすくなります。食事の前に水やお茶を飲むことで、ある程度の空腹をまぎらわすことができるので、炭水化物の量も減らしやすくなります。食事をするときは、炭水化物を食べるまえに野菜をたっぷりといただくことで、血糖値の急激な上昇をおさえることができます。

 

食べる順番を変えるだけで太りにくくなるので、おすすめです。また、一口ものを食べたら、よく噛むように心がけるのも大切です。食事の時間を長くすることで、少ない量でも満足しやすくなります。