オリゴ糖の整腸作用、摂り方について

お腹の調子を整える」オリゴ糖商品をスーパーやドラッグストアなどで見かけたことがありませんか。オリゴ糖には整腸作用があります。

 

オリゴ糖とは

 

オリゴ糖とは単糖類が2~20個ほどつながった糖類です。単糖類とはそれ以上分解できない糖分のことで、果糖やブドウ糖があります。ギリシャ語でオリゴには少ないという意味があります。

 

20種類ほどあるオリゴ糖の中には消化されにくい性質のものがあります。代表的なものには、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ラフィノースがあります。

 

食べたものは消化されてから吸収されますが、オリゴ糖は消化されにくいため低カロリーです。1gあたり2~4kcalです。

 

オリゴ糖の整腸作用

 

消化されなかったオリゴ糖は大腸にまで届きます。

 

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲みついてします。大腸に届いたオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やします。

 

善玉菌は乳酸や酢酸を作りだし、腸内が酸性になって悪玉菌が棲みにくい環境になります。また、乳酸や酢酸が腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にします。

 

このことにより便通がよくなることが期待できます。

 

オリゴ糖の摂り方

 

腸内環境を良好に保つためには、継続してオリゴ糖を摂取する必要があります。人それぞれ腸内の状態は違うので、自分に合った量を摂ってください。一度に大量に摂取するとお腹がゆるくなることがあるので、お腹の調子を見ながら量を加減しましょう。

 

オリゴ糖が含まれる食品は、ごぼう、たまねぎ、はちみつ、バナナ、大豆などです。食品以外にもオリゴ糖のシロップや粉末を利用して摂取することもできます。

 

種類によっては熱に強いので、煮物やお菓子に使用したり、コーヒーや紅茶など飲み物に加えることもできます。

 

腸内の善玉菌を元気にする水溶性食物繊維や、乳酸菌を含む発酵食品と一緒に摂取すると、オリゴ糖との相乗効果が期待できます。ヨーグルトに混ぜれば、乳酸菌とオリゴ糖を同時に摂取できます。